仙台で大震災に遭い、旦那の転勤で原発の福島に越して来ました。 共に!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

え~っと、トチ狂った訳ではありません・・・
ただ、キレましたw
nu01.jpg
白髪染めで染めても染めても染まらない(宿り主に似て)頑固な白髪にブチギレです c(`Д´c)

ハイブリーチでマッキンキンまで色抜いてからアッシュ系プラチナゴールドを入れたの。
ちゃんと見本の色通りになったよ。
キンキラじゃない、しっとりした灰色がかった金ね

1週間ほどこの色を楽しんでから、また別な色(トーンダウン)を入れます。

次に入れるのはトリートメント系の染色剤。
カラーバターって知ってる?

makkoが購入したのはエンシェールズカラーバターのココナッツブラウンっていうペーストタイプのヤツなんだけど・・・
kara-0.jpg
エンシェールズカラーバターは、毛髪内に浸透し易い染料をトリートメントクリームに配合したものです。
優れた発色効果に加え、髪の毛のコンディションを整えしなやかで美しい艶を実現します。
トリートメントクリームのベースは、フィトステロールを多く含む油成分ですが、セラミドと同じように肌や髪の保湿を助けます。
カラーバターは過酸化水素を使わずに、カラーとトリートメントが同時にできる商品です。スタンダードなカラーはもちろんビビッドカラーも毛髪に負担なくお楽しみ頂けます。


と、いう代物。

白髪染めやヘアカラーよりは落ちやすいんだけど、一瓶で3~5回は使えるらしい。
しかも、別色のカラーバターと混ぜたり、自宅にあるトリートメントと混ぜて薄くして使うことも出来るんだって


ヘナとの違いは・・・

ヘナは肌に付いてしまっても安心で完全に害がないといわれる程優しいハーブの成分のカラー剤ですが、色の入り方が控えめで色が落ちるのも早いようです。
カラーバターは、ヘナよりもっと色落ちがゆっくりで色の入り方がハッキリしています。
成分は色味を除けば市販のトリートメントとして使える、色味入りのトリートメントみたいなもので、髪の毛を傷める事なく短時間でカラーリングをする事ができます。
ヘナも髪の毛にしっとり感やまとまりを与えてくれるのですが、色の入り方がもっと強力なカラーバターを選ぶ方が最近増えているようです。
またトリートメント効果が高いカラーバターは自宅で簡単に使えるので、月に何度も活用している方もいるようです。


だ、そうです。

最近は美容室でも使用しているトコもあるんだって~。
スポンサーサイト

[2013/03/07 04:36] | 生活
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。