仙台で大震災に遭い、旦那の転勤で原発の福島に越して来ました。 共に!!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黙祷・・・

2年前の今日、沢山の人が突然な出来事に恐怖しました。

今日のTV番組は2年前の出来事の特番ばかり・・・

○○県○○町の○○さんの再現ドラマ、原発に死を覚悟して関わった○○さん。
紹介されているその人達だけが特別すごい体験をした訳じゃない。
大小の差なんて無い、ドラマになる様な特別なコトがなくても被災したみんなが一人一人戦っていた。

生活の落ち着いた人、未だ仮設住宅での生活を余儀なくされている人、避難生活を強いられている人、震災や原発の始末に追われている人、心に傷やシコリを残している人。
『人達』という括りで表現するには、まだできないコトだと思います。

今日の朝、福島では雪が降り、うっすら積もりました。
あの日の仙台も冷たい雪が容赦なく、起こったことを覆い隠すように降っていました。

201103111629.jpg

20110311145437.jpg

20110311150916.jpg

表から見える見えない関係なく、私を含め、被災した人間は今現在もあの日からずっとずっと、それぞれがそれぞれのカタチで戦い続けています。
   
スポンサーサイト

[2013/03/11 15:01] | 生活
|
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿
URL:

パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。